銃剣堂 - 登場人物紹介


嵐山龍 - Ryo Arashiyama

本作の主人公。 高校を卒業して一人暮らしを始めた19歳フリーター。短気で非常識で喧嘩っ早い。勇気と無謀を勘違いした馬鹿。自分の言いたいことは相手が大統領でもはっきり言う。趣味はバイク、特技は空手(黒帯)。ファッションセンス皆無。

黒澤暗 - An Kurosawa

19歳。平和の国日本には場違いな武器専門店「銃剣堂」の謎多き店長。いつも無表情で何を考えてるのかよくわからない。8年鍛えたというローキックがヤバい。 武器術や忍術なども駆使し、敵対者には容赦なし。

小林寺郎 - Jirou Kobayashi

20歳フリーター。通称ハゲ。少林寺拳法黒帯。
豪山空手(直接打撃制の空手)をスポーツと称してバカにしている。イナイ歴は20年で、好みの女性(清楚系)を見つけるとすぐにナンパするが、ことごとく失敗している。だが懲りずに何度でも挑戦する雑草魂を持つ。

吉良真理亜 - Kira Maria

21歳の元キャバ嬢。言葉巧みに男を手玉に取り、貢がせて捨てるタイプ。 男の価値は金で決まり、女の価値はブランド物で決まると考えている。ネコかぶりが得意だが、素はワガママで自己中で強欲。

アシュリー・南 - Ashley Minami

20歳。銃剣堂の近くにある花屋で働く日本人とイギリス人のハーフ。 熱心なクリスチャンで、武器なんてものは争いの火種でしかないと考えてる。武器屋の暗を目の敵にしており、何かと店まで冷やかしに来る。