極楽戦争 - End of End

著・富士見永人
第四章「捲土重来けんどちょうらい


14
 はやぶさ。動物界脊索動物門鳥綱隼目隼科隼属に分類される鳥類。「速い翼」を語源とするその鳥の最大の特色は、鳥類最速とも言われる、獲物を捕らえるときの急降下の、時速三百キロメートルを超える驚異的なスピードにある。
「ぐわ」
 ぼくの腹にナイフを突き刺した直後、八坂は突然短くうめいた。
 朦朧もうろうとする意識でかろうじてわかったのは、八坂の肩からブルカノ式噴火のような赤い飛沫しぶきが舞いあがっていたことと、その肩の上に、まるで鷹匠の肩に乗る隼のように、赤月が乗っていたこと。
「首を狙ったのですが」
 すばやく彼の肩から文字どおり飛び立ち、距離をとる赤月。ナイフの刺さり方からして、木の上から八坂を急襲したのだろう。
 いきなり頭上の死角から襲われ、致命傷とまではいかずとも、明らかに八坂は動揺し、隙だらけになっていた。
 折れた肋骨、撃たれた左足、ぶらんぶらんの右腕、そして今しがた刺された腹の激痛の四重奏カルテットが、ぼくの意識をブラックアウトさせんとばかりに襲いかかる。そのまま眼を閉じれば、一年以上続いた小説・極楽戦争はあっけなく終焉しゅうえんとなる。が。
 否。ここで負けてどうする。
 千載一遇の勝機を逃してバッドエンドなんて、ゲームならともかく小説としては斬新すぎるし、あまりにも格好がつかない。
 だからせめてこいつだけでも、地獄へ道連れだ。
 ぶすり、と、必死に伸ばしたぼくの左手の中指と人差し指が、憎き宿敵・八坂の両の眼を穿うがつ。
「きゃああああああ」
 文字にしてみるとまるで女の子のような悲鳴を、しかし野太い声で、八坂は上げた。
 完全に光を失った彼は無造作に、がむしゃらに、ひたすら暴れまわった。背丈はぼくと同じくらいなのに、広い肩幅、分厚い胸板、丸太のように太い四肢。腹こそ出ていたもののラガーマンのような体格をしていた八坂に、満身創痍かつ丸腰のぼくはとどめを刺せず、情けないことにそのままのけぞってしまった。まかりまちがって腹に刺さったナイフでも掴まれたら、彼の馬鹿力でぼくのはらわたはぐちゃぐちゃにかき回され、その場で即死するだろう。要玄人なら腹に刺さったナイフを自分で抜いてそのまま何ごともなかったように八坂の心臓に突き刺しそうだけど、そんなことをしたらぼくは絶対に死ぬ自信がある。仕方がない。命大事!
 さて、どうやってとどめを刺すか、と、もたもたしているうちに、すぐに八坂の天をつんざくようにけたたましい悲鳴は止んだ。
「介錯しました」
 八坂の喉元をナイフでえぐった赤月が、いつものように表情を変えず、静かにそう言った。
 視界がだんだんと暗くなってゆく。
 八坂を殺すことだけを考えて動いていたぼくの意識は、とうの昔に限界を超えていたであろうその満身創痍の肉体の崩壊に引きずりこまれ、闇の彼方へと消えていった。
  
BACK <<    >> NEXT
 
Copyright (C) Enin (Eito Fujimi)
2006-2017 All Rights Reserved.
http://enin-world.sakura.ne.jp/